肌がかゆい?敏感肌?バリア機能は大丈夫?

バリア機能

前回から始まったアンチエイジングのためのスキンケアの検証。


今回は、皮膚の持つバリア機能についてです。



バリア機能


人間には、はじめから持っている素晴らしい機能があります。


その一つに表皮の持つ、バリア機能と呼ばれるものです。


バリア機能とは

バリア機能は皮膚の3つの機能を総合したものです。


バリア機能
  1. 細胞と細胞を包み込むセラミド
  2. 細胞の中にあるNMF(天然保湿因子)
  3. 汗と皮脂からなる皮脂膜

この3つが総合的に機能することで、
外からの有害物質、ウイルス、花粉や煙草の煙などから守ってくれるのです。


ところが、このバリア機能が働かなくなってしまう場合があります。

バリア機能が働かないケース



セラミドは歳とともに減っていきます。


また、先天的に生まれつき皮膚でセラミドが作れない状態の人もいます
生まれつき自分でセラミドを作れない方をアトピーといい、
年齢とともにセラミドが作れなくなった方をアレルギーと言います。


急に痒くなったり、今まで荒れなかったのに紫外線で急に荒れるようになってきたりするのは、
実はセラミドの量が大きく関わっているのです。


それとともにNMF(天然保湿因子)と呼ばれる
細胞内の水分&脂質があります。
スカスカ

万が一、セラミドとNMDが少なくなると、
健康な皮膚の状態がこのようにスカスカになってしまいます。
スカスカになると化学物質やウイルスなどが入ってきてしまい、
痒くなったするなどの炎症をおこしてしまうのです。


痒いからステロイドで治すという、
あまり好ましくない循環になってしまいます。