若返り3大要素その3:EGF

ノーベル賞EGF 前回
若返り3大要素その1:ナノコラーゲンについて
若返り3大要素その2:プラセンタ
に続き、若返りのための3大要素を検証していきます。
今回はその3:EGFについてです。


簡単にEGFの働きをまとめてみます。

EGFの働き



幹細胞を拡大するとこのように穴が空いています。



幹細胞拡大 この穴にタンパク質がドッキングすることで、幹細胞が働き始めます

タンパク質ドッキング 幹細胞が働き始めると


角化細胞をたくさん生み出します(新たな細胞の産出)。


新たな細胞が生まれるとどんどん表皮に押し上げられて
いわゆるターンオーバーを起こしていきます

ターンオーバー
参照: お肌の代謝 | 検証:アンチエイジングのためのスキンケア


他にも、
古いコラーゲンを壊して新しいコラーゲンが出来るように準備してくれ、
ヒアルロン酸を蓄積させてくれるのです。


このタンパク質を表皮細胞増殖因子といい、英語名でEGFと言います


これが、アンチエイジングの救世主!と呼ばれる所以なのです。


その効果は世界のお墨付き!


なんと、ノーベル賞!


ノーベル賞EGF

EGFがスゴイ!その1:ノーベル賞受賞成分!


ノーベル賞EGF EGFは1986年にはアメリカの研究者スタンリー・コーエン博士
(Stanley Cohen, 1922年11月17日-)の
『神経成長因子および上皮細胞成長因子の発見』
でノーベル生理学・医学賞を受賞しています。


この上皮細胞成長因子がまさしく、EGFの事なのです。



世界で認められた正真正銘のアンチエイジングの成分なのです。


EGFがスゴイ!その2:表皮細胞の成長が284%促進!

アメリカで行われたEGFの臨床試験で、
60日間EGFを使用したことで
肌の表皮細胞の成長が平均で284%(約3倍!)促進されたことが実証されているのです。


EGF表 表でも明らかなように年齢が高くなるほど
EGFの効果が大きく現れているのがわかります。


まとめ

アンチエイジングにはまず、EGF!

お肌の新陳代謝(ターンオーバー)とは?

Happy skin




今回から、アンチエイジングのためのスキンケアとして、
アンチエイジングに必要な要素について検証していきたいと思います。


今回は、第1回として、スキンケアを語るには大前提の皮膚のメカニズムについて
おさえておきたいと思います。


まずは、皮膚の構造から!



人間の皮膚

簡単肌断面 人間の皮膚は大きな断層の中でできています。
その断層を大きく分けると
表皮と真皮に分かれます
表皮は約0.2mm、真皮は約2mmです。

表皮と真皮の大きな役割

肌の役割 表皮は肌の強度を高め、
真皮は、ハリ、弾力を維持します。


この表皮、真皮をそれぞれケアしていくことが
アンチエイジングへの道ですね。


お肌の代謝



ターンオーバー
表皮の一番下に基底層と呼ばれる層があります。
基底層の上にに幹細胞という細胞があります。
この幹細胞から、角化細胞という細胞が生まれていきます


角化細胞は、分裂することなく、そのまま表皮に向かって押し上げられていきます。
表皮にどんどん近づくと、角質と呼ばれる、平ぺったい、かわら屋根のような細胞に代わり、
最後にはぺろっと剥がれて皮膚から離れます。


最後のぺろっとはがれるものが、アカと呼ばれ、頭皮の場合はフケと呼ばれています。

この一連の流れをターンオーバーといい、
通常28日周期で進行しています。

このターンオーバーが順調に進んでいれば、健康な肌でいられるのです。