若いからまだスキンケアはしなくていい?

正しい洗顔

若いから、まだ基礎化粧品なんか要らない、
そんなにスキンケアにお金をかけたくないという方もいらっしゃると思います。


確かに、10代、20代の肌の生体成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、などなど)はまだそんなに減少していません。


じゃあ、不要なのでしょうか?


半分正解、半分不正確です。


不正確の部分、それは洗顔、クレンジングです。


洗顔、クレンジングだけはいいものを使いましょう!


前回、
どうして若いのにシワが出来るの?
で間違った洗顔、クレンジングとケアの怖さを レポートした通り、
安全な洗顔は大事なのです!


洗顔、クレンジングで良くないものを使って、

高い、いい化粧品を使っても

全く意味はないのです。



そこで、今回はどんなクレンジングがいいのか、を検証しました。


一番避けたいクレンジング

・ローションクレンジング、拭くだけのコットンタイプのもの
・オイルタイプの強い界面活性剤のクレンジング

健康な肌 こちらはガッツリと皮脂膜を落としてしまいますし、
更にセラミドやNMFの低下を引き起こしてしまします。
楽だから、と思って使い続けると年齢とともに後悔することになりますよ。

かなりいいクレンジング

・ジェルクレンジング
時間がかかるけど結構いいです

究極にいいクレンジング

植物油のクレンジング
言ってみれば上のクレンジングをするよりは、キッチンのサラダ油でクレンジングしたほうがよっぽど肌にはいいんです!
ただ、汚れも落ちにくいし、相当ベタベタしますしね。。。

理想的なのは植物油のクレンジングの中でもやはり人間の皮脂成分に非常に近いもの
つまり、


・ひまわりシードオイル、
・ホホバオイル



です。


ひまわりシードオイルかホホバオイルでクレンジングすると、自分の皮脂と似た成分なので、
メイクの汚れはもちろん、余分な皮脂もオイルと馴染んでいくことで適度に落としてくれます。


その後で、洗顔。


これがすっぴん美人の始まりです!


若いうちは、これだけでもいいです。


とにかく
洗顔、クレンジングだけはいいものを使いましょう!


まずは洗顔、クレンジングを改善して美しいお肌を作りましょう!


今回のまとめ
1.若い時からクレンジング、洗顔だけはちゃんとしましょう
2.クレンジングはひまわりシードオイル、ホホバオイルがオススメ!