若返り3大要素その1:ナノコラーゲンについて

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

若返り

今回から若返りのための3大要素を検証していきます。

今回はその1:ナノコラーゲンについてです。

ナノコラーゲンを説明するために、まず真皮のおさらいから。

真皮



コラーゲン繊維 真皮は、90%コラーゲンでできています。


コラーゲンは図のよう繊維のようになっていて、
このコラーゲン繊維が、輪ゴムのようなかんじで、
顔を引っ張り上げているのです。


そのため、コラーゲンが減ってくると
土砂崩れのように顔の皮膚が崩れてきます。


若いときに三角形だった顔が
四角くなってくる 大きな原因です
三角四角

そのために、そのコラーゲンを増やすこと
若返りのための大きな要素となります。

コラーゲン増やすには?


どうやったら真皮にコラーゲンをいれることが出来るのでしょうか?


一般には
  • 注射で注入する
  • 口から飲んで入れる

が知られています。


注射で注入するのは一般的に非常に高価です。


口から飲んで入れるのは、確かに手軽ですが、
飲んだコラーゲンが顔だけに行くわけじゃないんです。
当然といえば当然ですが、足の裏にも均等に行くわけです。
ちょっと効率を考えるとどうなのでしょう。


ナノコラーゲン肌に直接つけたら入ってくれればいいのに!


これ、ずーっと不可能だと言われてきました。
それは、皮膚の中の基底層の部分に微量の電気が流れているため、そこから先になかなか入らなかったのです。


ところが、最近の技術でそれが可能になりました!


そのコラーゲンこそが、ナノコラーゲン!なのです


これはすごい!



まとめ
ナノコラーゲンは肌からコラーゲンを入れるスグレもの

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing