ハリと弾力を保つヒアルロン酸

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ヒアルロン酸

今回から美肌に関与する生体成分(カラダの中に含まれている成分)を検証していきます。

今回はヒアルロン酸を取り上げてみました。

カラダのどこに含まれている?

目の中

目のヒアルロン酸 目の中の硝子体に多く含まれ、硝子体を丸く保つ役割や、
衝撃によって網膜を傷付けないようにクッションの役割 を果たしています。
また、涙を角膜の表面に保ち、乾燥を防ぐ役割を果たしてもいます。

関節の間

関節のヒアルロン酸
ヒアルロン酸は関節と関節の間にある軟骨に含まれ、クッションの役割、関節をなめらかにする 働きをしています。
日常の生活で膝などの関節に痛みを感じることがありますが、そのようなときにもヒアルロン酸はチカラを発揮しています。

皮膚の中

肌のヒアルロン酸 肌の真皮に含まれているヒアルロン酸は、肌にハリと弾力を保ち、潤いのある肌にします。
ヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンでできたフレームの間を埋めるような状態で存在し、
潤いとハリのある肌へと導いているのです


特徴

ヒアルロン酸で6Lヒアルロン酸の一番の特徴は6000倍の保水力です。


1gでペットボトル6本分を保水することが出来るのです


ヒアルロン酸はムコ多糖類というねばねばした成分です。
そのため100%のヒアルロン酸は糸を引く感じになります。


加齢による減少


ヒアルロン酸は人間が自分で作ることが出来る成分です。


加齢によるヒアルロン酸の減少 ヒアルロン酸を生成しながら、同時にヒアルロン酸を破壊していきます。
生成が破壊より多ければ問題はありませんが、
歳とともに生成が減っていくために
カラダの中のヒアルロン酸は減少していくのです。


その結果、ヒアルロン酸で守れていた部分が守られなくなってしまうのです。


肌へヒアルロン酸を補おう


出来るだけ濃度が濃いヒアルロン酸(薄まっていないもの)を肌につけていくことで
肌にヒアルロン酸を入れることが出来ます。

効果的なヒアルロン酸の補い方

できるだけ高濃度のヒアルロン酸をご使用下さい。


夜、手にヒアルロン酸をとり、十分に温めてから、
肌にまんべんなくしっかりとなじませます。


高濃度のヒアルロン酸はたっぷりつけて上げると肌に吸い付きます。
そのように丁寧につけてあげるとしっかり潤ってくれます。


様々なヒアルロン酸配合化粧品はあります。
ほんの少しだけヒアルロン酸が入っていてもヒアルロン酸配合化粧品なのです。


きちんと配合量が明記されているものを選ぶことも大切ですね。

まとめ

ヒアルロン酸は肌に潤いとハリをもらたせてくれる。
肌に補うには高濃度のヒアルロン酸がオススメ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing