若返り3大要素その3:EGF

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ノーベル賞EGF 前回
若返り3大要素その1:ナノコラーゲンについて
若返り3大要素その2:プラセンタ
に続き、若返りのための3大要素を検証していきます。
今回はその3:EGFについてです。


簡単にEGFの働きをまとめてみます。

EGFの働き



幹細胞を拡大するとこのように穴が空いています。



幹細胞拡大 この穴にタンパク質がドッキングすることで、幹細胞が働き始めます

タンパク質ドッキング 幹細胞が働き始めると


角化細胞をたくさん生み出します(新たな細胞の産出)。


新たな細胞が生まれるとどんどん表皮に押し上げられて
いわゆるターンオーバーを起こしていきます

ターンオーバー
参照: お肌の代謝 | 検証:アンチエイジングのためのスキンケア


他にも、
古いコラーゲンを壊して新しいコラーゲンが出来るように準備してくれ、
ヒアルロン酸を蓄積させてくれるのです。


このタンパク質を表皮細胞増殖因子といい、英語名でEGFと言います


これが、アンチエイジングの救世主!と呼ばれる所以なのです。


その効果は世界のお墨付き!


なんと、ノーベル賞!


ノーベル賞EGF

EGFがスゴイ!その1:ノーベル賞受賞成分!


ノーベル賞EGF EGFは1986年にはアメリカの研究者スタンリー・コーエン博士
(Stanley Cohen, 1922年11月17日-)の
『神経成長因子および上皮細胞成長因子の発見』
でノーベル生理学・医学賞を受賞しています。


この上皮細胞成長因子がまさしく、EGFの事なのです。



世界で認められた正真正銘のアンチエイジングの成分なのです。


EGFがスゴイ!その2:表皮細胞の成長が284%促進!

アメリカで行われたEGFの臨床試験で、
60日間EGFを使用したことで
肌の表皮細胞の成長が平均で284%(約3倍!)促進されたことが実証されているのです。


EGF表 表でも明らかなように年齢が高くなるほど
EGFの効果が大きく現れているのがわかります。


まとめ

アンチエイジングにはまず、EGF!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing