2013.3.10美肌セミナー

 

今回のテーマは

 

「肌の調子が悪くなった時に見直して欲しいこと

 

季節の変わり目は一番肌トラブルが起きやすい時期です。

 

花粉皮膚炎・アトピー・アレルギー性皮膚炎・接触性皮膚炎・乾燥性皮膚炎…

 

肌の調子が悪いと思った時は、いつもしてるお手入れを見直してみましょう。

 

 

★刺激に注意すること

 クレンジング・洗顔・コットン・クリームを塗る時に擦らないように注意する。

 特に目の周りと鼻の周りを擦ることは皮膚を傷つけ、トラブルを長引かせます。

 

  ※目の周りの皮膚の厚さは…

    0.1ミリしかありません。

    ラップのように薄い皮膚だからこそ刺激や乾燥に弱く

    傷や小じわができやすい場所でもあります。

 

 

★紫外線に注意すること

 春の紫外線は冬に比べると強くなります。

 安全なUVケアとビタミンCで紫外線対策をしましょう。

 

 

★乾燥に注意すること

 肌の砂漠化は春が一番酷くなります。

 春と秋は風が強く、肌が干物のように乾燥します。

 保湿剤の塗布回数・量を増やし、肌がしっかり潤うまでたっぷりつけましょう。

 

 

★肌のバランスを整えること

 肌の調子がとても悪い時は、夜にパックをして肌を鎮静させましょう。

 朝は洗顔料での洗顔を避けるようにしましょう。

 また、天然植物オイルでマッサージをした後に洗顔をすると

 天然植物オイルが皮脂膜の働きを助けるので、おすすめです。

 

This entry was posted in Blog.

2013.3.5美肌セミナー

花粉


先日行われました、原液セミナーのレポートです 


今回のテーマは

「花粉症 vs 美肌対策 〜2013年 花粉・黄砂・PM2.5の飛来する時期と肌トラブル〜」





花粉症でお悩みの方って結構多いですよね。
鼻水、くしゃみはもちろん、目の痒みに、肌荒れまで。。。
症状には個人差がありますが、みなさんそれぞれ不快感をもっていることは間違いありませんよね。





最近はPM2.5に黄砂も飛来しているので今まで花粉症ではなかった方にもとっても、参考になったセミナーだったと思います。

 

春は肌荒れの季節!!


★花粉の注意時期 2月中旬〜
2013年春のスギ、ヒノキ科花粉飛散総数は 全国的に平年(過去10年平均)の120〜150%と予測しています。

 

★黄砂とPM2.5の注意時期 ピーク時:3月〜5月


黄砂の時期というのは主に3月〜5月がピークを迎えますが 今現在においてもPM2.5は日本に飛来し影響を及ぼしています。


PM2.5とは?

直径が2.5um以下の超微粒子。微粒子状物質という呼び方もある。
PM2.5はぜんそくや気管支炎を引き起こす。

大きな粒子に比べ小さな粒子の方が気管を通過しやすく
肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと考えられている。


★花粉・黄砂・PM2.5「肌への影響」

・鼻炎・目の痒み・・・・・目の周りのシワ・鼻の周りの肌荒れ・ニキビ
・花粉と黄砂の付着・・・・アレルギー症状・頭皮の痒み
・アトピー性皮膚炎の再発





◇花粉症・黄砂・PM2.5からの予防方法

 ①クレンジングと洗顔

人の肌は皮脂膜で守られています。
強い洗浄剤は肌の皮脂膜を溶かし、肌がむき出しになります。
そのため、花粉や黄砂にアレルギー症状が出やすくなります。


※クレンジング剤 洗浄力の比較


オイル > ローション > クリーム > ジェル > 天然植物オイル



②保湿と保護

お風呂上りや出かける前に「しっかり保湿」と「肌の保護」をすること。

This entry was posted in Blog.